教育制度

お客様へ「安心・安全」をお届けするために日々努力してまいります。



「安全」と「安心」をお届けするために、人材の採用と定着はもちろん、高いレベルでの継続的な教育が鍵となります。
NPKでは将来性豊かな若手から人生経験の豊富なベテランまで、常時500名以上の警備スタッフを雇用してお客様の大切な現場や施設へ迅速に配置しております。
また、入社時の基本教育後も継続的かつ定期的に研修会を開催し、専門性の高い知識や技能、資格などを持って業務にあたるプロフェッショナルへと育成しています。
NPKは皆様に「ゆとりある暮らし」をお届けできる人物像を追及し、スキルの向上に努めていくことをお約束します。


警備・施設警備・イベント警備・現金輸送 他

警備事業本部・事業サポート部・総務本部

警備スタッフ

500名以上のスタッフを常時雇用。
警備業務の資格取得を始め、お客様に満足していただくための
プロフェッショナルへと育成しています。


基本教育

新任教育


警備員として必要な技術、知識を身に付けるために30時間以上の新任教育を行います。

現任教育


現に警備業務に従事している警備員を対象にして前期、後期に分けて年2回、1回につき8時間以上の現任教育を行います。指導教育責任者のもと、プロ警備員として必要な知識・技術を再度教育します。その他、社会人としての基本的な資質を身に付けるため、特別にCSやマナー研修を実施し、お客様の満足度に応えていきます。

スキルアップ教育



サービス業として、接遇マナー習得

警備業は、お客様との接点が多い業務です。
お客様に「安心・安全」をお届けするために挨拶や身だしなみについても重点的に教育を実施しています。

万一に備え、救命技能の習得も推奨

警備対象となるエリアで疾病や負傷による要救助者が万一発生した場合に備え、応急処置の知識や手順、 AED(自動体外式除細動器)による救命技能などの習得も推奨しています。

技能コンテストでレベルアップ

各部門で技能コンテストを開催しています。
チームや個人で表彰し、能力向上の意識アップに努めています。

班長制度を導入しています

各営業所ごとに、班員5名から8名からなるグループに分かれています。
それぞれのグループの責任者として班長が任命され
警備員の質の向上のために徹底指導しています。
※画像は県北地区班長新発式

資格の習得にも力を注いでいます。
有資格者は実に100名以上。
警備業務の資格をはじめ、「ゆとりある暮らし」へのサポートのための
あらゆる資格の取得にも力を注いでいます。

主軸とする「交通警備」「施設警備」「雑踏警備」の各業務に直接関わる資格をはじめ、防火管理者や救命技能認定(普通・上級)のほか、警備対象エリア内で災害や事故などが万一発生した場合に活きてくる資格の取得も推進しています。
今後あらたに誕生していくものも含め、現状では自社雇用の警備スタッフ全体で有資格者数の比率を3割以上に高める目標を掲げ、全社一丸で取り組んでいきます。

総合職

お客様に満足していただくため、社内外の研修を実施。
また、自己啓発にも力を入れ、それぞれの強みを活かす事の出来る
「プロフェッショナル」へと育成しています。


社内研修

新任者研修

NPKの社員として必要な知識を身に付けます。
会社の歴史や各事業部についての講義で、これからの業務に備えます。

一般研修

役職や業務に合わせた研修で、生産性アップのために何ができるかを常に考え、更なる能力の向上に努めます。
また、外部講師による専門教育で、最新の情報・知識を身に付け、お客様のニーズに的確に応える事のできる人材育成を目指します。

社外研修

各年のテーマに合わせ、社外研修を実施しています。
展示会での視察やセミナー参加、ボランティア活動、マラソンやテニス大会への参加など多岐にわたります。
研修後はレポートを作成し、多くの気付きを発信してもらいます。